知らなかった!脳と運動の意外な関係性

LINEで送る
Pocket

「若いうちにたくさんを学んでおかないと大人になってからでは遅い」

みなさんはこんな言葉を耳にしたことはございますか。
これまで神経科学の世界では脳は生まれた時から年を取ると共に少しずつ退化していくと
考えられてきました。
しかし、最近の研究で脳を活性化させて認知能力の強化を行う方法が発見されました。

それが…運動なのです。

『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)の著者、ハーバード大学医学部の

ジョン・J・レイティ博士は
「ニューロンの数を増やすために最も効果が期待できるのは、運動です。
さらにものを覚えたり認知能力を高めるために必要な神経結合を増やしたり、ドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった思考や感情にかかわる
神経伝達物資の分泌を促す効果も、運動にはあります」
と言っています。
また、いくつかの研究では有酸素運動によるトレーニングで記憶を司る海馬が
大きくなることも分かっています。
レイティ氏はこんな事も言っています。
「運動はあくまで、脳が学習するための準備を整える役割です。生産性を上げるためには、そのあとの仕事とセットで考える必要があります。運動を終えるとまもなく脳の血流が増しますが、このときこそが、思考力や集中力が飛躍的に高まるチャンス。仕事を始める前、できれば朝にやることをお勧めします」
運動だけをやっていてもダメなのです。

運動をした後に仕事をする。このセットで行う流れが何よりも重要になってきます。

ただ、オフィスでいきなり走りだしたり、仕事中にジムに行ったりしていたら、
同僚や上司から「さぼっている」と思われてしまうかもしれません。
そんなときはここ!
がオススメ!
ランニングスペースの中に等間隔に置かれたベンチで一休みがてら少し仕事や読書をして
見るといつもとは違った発想や思考に出会えるかもしれません。

※物をおいてその場を去る場合は盗難には要注意

ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士の著書
『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)はこちら
今すぐ運動を始めたくなった方は、フィットネスジムのLespasならヨガもボルタリングもゴルフも乗馬もできちゃいます!
LINEで送る
Pocket